製造から流通。未来へ。株式会社松下工業JAPANESEENGLISHお問い合わせ

ロボット・設備

私たちについて

品質・納期・コストを常に意識したモノ作りを

当社のシェルモールド法鋳型を用いた鋳造製品は自動車産業・農機・建設機械・配管部品など多くの精密鋳造製品を生産するところでは無くてはならないものとなっています。
特に当社はオートバイ用エンジンの鋳型を長い間製造してきました。そして現在その技術を生かし、高い品質が常に要求される自動車用エンジンの鋳型の量産を行っています。
常に高品質を維持し、責任を持ってお取引様へ量産品を納入するために、社内でのモノ作りを日々進化させています。

「バリ取りロボット」を使い合理化と高品質化を図っています。

常に均一で高品質な鋳型をお客様に提供するため、当社では20年ほど前より6軸ロボットを用いたバリ取り装置を現場で使ってきました。
この「バリ取りロボット」は作業者の負担を軽減するためだけではなく、作業者が見落としやすい複雑な鋳型のバリ取りも確実に行い、納入先のお客様にとっても信頼されるものとなっています。
また、実用新案を取った「3次元レーザー高さ測定機」や産業廃棄物となるシェルガラを元の材料に戻す「砂再生装置」など、モノ作りを通してお客様に「感動」を与えようと全社一丸となって活動しています。

製品によってロボットの自動化を進めてまいりました。
より安定した製品をお客様の元へお届けできるよう努力してまいります。
特殊な形状の金型にも直ぐに対応し、お客様のコストダウンに貢献できるように社内でガス盤を製作し少しでも早くお客様の元へ、製品を納入できるよう取り組んでおります。
社内で、保全体制を確立しトラブルが起きても直ぐに社内で解決できるよう、日々技術向上に努めています。
特徴製造の流れ販売装置紹介
  • 私たちについて
  • 事業案内
  • 会社概要
  • リクルート
© Copyright 2015 株式会社 松下工業. All Rights Reserved